top of page

CCBL-GAC-tds

COCOBOLO/Grand Auditorium/torrefied dolomite spruce top

ココボロ/グランド・オーディトリアム/トリファイド・ドロミテ・スプルース・トップ



蠱惑の沈木、ココボロの美

ココボロと言えば、銘木としての知名度は言わずもがな。ましてやルシアーの手によって選ばれた材料でとなれば完成された楽器もまた、言うことが無いほど魅力的に仕上がるもので、その魅力的なサウンドとデザインの美しさは目を見張るほどです。

この1本は通常 Dowina Masterシリーズ として製作されるグランド・オーディトリアムを基にして、ヘッド形状や指板インレイ、マシンヘッドを変更し、さらにボディ・トップにトリファイド(いわゆるベイク)した・ドロミテ・スプルースを組み合わせ、ボディ全面を塗膜の薄い艶有クリア仕上げとした、特別な仕様のカスタム・ココボロ・モデルで、間違いなく世界で唯一の個体です。


白色のサップが印象的なココボロを好む方もいらっしゃいますが、この個体は正反対、引き締まった暗茶色で且つしっかりと杢目がうかがうことのできる材料をボディ・バックに選んで製作しています。

他には無い、特別な1本をお探しの方にお勧めしたい1本です。

(ココボロらしい重量感があります。軽量なギターをお探しの方には向きません。)



ボディ形状:グランド・オーディトリアム・カッタウェイ

トップ:ドロミテ・スプルース、トリファイド

バック&サイド:セレクテッド・ココボロ

ヘッドストック:カスタム・ナロー・シェイプ

マシンヘッド:Groverオープンギア

ネック:カヤ・マホガニー w/ウェンジ

ナット&サドル:牛骨

ナット幅:45mm

スケール:648mm

ブリッジ:エボニー

指板:エボニー

仕上げ:オープンポア・ナチュラル・クリアTOP、SIDES&BACK

閲覧数:89回

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page